• ギャルのカリスマ
  • Queen of Hip Hop
  • 結婚、出産、離婚を乗り越えたシングルマザー
  • 年齢を感じさせないその風貌
  • カリスマシンガー
…と安室奈美恵さんの印象は時代によって進化してきたと思います。



SUMMARY 
ただかわいくて歌がウマいだけでは一時的な流行で終わってしまいますから、
その人気が長続きして神格化された理由を探ってみましょう。

そのヒントとなるもので、「急に売れ始めるにはワケがある」という、
マルコム・グラッドウェルの本があります。



この本では色々な事象や商品が流行するメカニズムを解明するのですが、
それには原則が3つあるといいます。
  1. 粘りの法則
  2. 少数者の原則
  3. 背景の力
1. 粘りの法則
流行するためにはまず人の印象に残り、記憶に定着しなくてはならない。
彼女の場合は小顔・スタイル抜群・かわいいけどカッコいいという印象で10代に大ブレイクし、
人々の記憶に残りましたが、いまだにその印象が強い人多いのではないでしょうか。
30代になっても40代になってもそのスタイルは変わりません。
むしろ年齢を重ねることで、より魅力的になっていった印象です。
また当時、"安室"という苗字が珍しくかつ覚えやすいので、それも記憶の定着を助けたと思います。

2. 少数者の原則
記憶に定着したらあとはそれを広げていかないといけないのですが、
少数者の原則とはいわゆる口コミのことで、3つの役割が揃うと口コミが伝染するとしてます。
  • コネクター(媒介者)
  • メイヴン(通行人)
  • セールスマン
彼女の場合は10代の頃ギャルのカリスマとしてブレイクし、
そのギャルがまずコネクターとなり、ブレイクの根源を作ったと思われます。
また当時テレビやCMも出まくってましたから、当然コアファンだけでなく、
お茶の間ファン(メイヴン)にも広がるわけです。
2000年以降は音楽のスタイルを変え、テレビの露出も控えて、
ライブ中心のスタイルに移っていきます。
その間、コネクターであった層も年齢を重ねて、20代、30代、40代となっていきました。
そしてセールスマンと鞍替えして、エバンジェリストのようになったのではないかと思います。
そうなると彼女の存在は神格化され、いわゆるカリスマへと存在が進化していきます。

3. 背景の力
最後の原則は外部要因のことです。
デビューの前半はギャルブーム、沖縄サミットの音楽、
ヒップホップやR&Bなどの音楽と呼応したダンスブーム、リオオリンピックなど、
いずれも先見性をもって社会背景にマッチするトレンドを作ってます。
全て計画性があったわけではないと思いますが、結果的に外部要因が人気を後押しします。
運とタイミングを逃さないのもヒットの秘訣です。

INSIGHT
ビジネスではやれることやったらあとは成り行きを見守るしかないのですが、
ヒットを生むためには、少なくともこの要素を入れ込むことが大事なようです。
ただ漠然と自分の価値観をぶつけるだけでなく、
それぞれの社会的背景に合った(もしくは先見性のある)ものを提供することにより、
結果的に運とタイミングをつかみ、ヒットしていくのだと思います。
  • 人の記憶に残りやすいアイコンになること、それを継続すること
  • コアなファンを見つけること、その後普及する努力をすること
  • 運とタイミングを逃さないこと
NEXT
ヒットした後、ファンの心をつかみ続けるためには、ただヒットするだけでなく、
ファンが特別感を感じる必要があります。
彼女のインタビューから垣間見れた、「ファン第一主義」。
このシリーズの最後に、どうやって彼女がファンを大事にしてきたか、
インタビューから感じ取れたそのエッセンスを紹介したいと思います。