「頭がいいというのと、仕事ができるというのは違うんだよね・・・。
言うならば、『仕事のIQ』というか…」




SUMMARY
著者のムーギー・キムさんは東洋経済オンラインの「グローバルエリートは見た!」という、
ビジネスマンに大人気のWebコラムを書いている方です。
そのコラムを一冊の本にまとめたものがこれです。
仕事できる人ってどんな人?というテーマに対して、ムーギーさんが過去のリアルな経験交えて、
アドバイスしている本です。

この本のエッセンスを紹介するとしたら、最初のテーマである「メールの書き方」が好きです。
できる人ほどメールは即リプライ
~一流の人は「できる仕事」を、すぐやる

一見すると簡単なことなのですが、色々な要素が詰まってます。
初動や意思決定の早さ、優先順位の付け方やわりきり、相手へのリスペクトなど、
仕事で大事だけど怠りがちなことです。
他の章で神は「細部」に宿る、と教訓がありますが、
ひとつひとつの行動はその人の全てを表しているのです。

INSIGHT
ムーギーさんは本著で自身を二流と呼び謙虚ながらも、実は本人も華麗な経歴の持ち主です。
  • 「慶応大学総合政策部卒」
  • 「INSEADでMBA取得」
  • 「外資系コンサルやファンドで活躍したグローバルエリート本人」
それでも本人のほんわかした風貌のせいか、どうも憎めず、むしろ芸人かのように、
本人の教訓をおもしろく、なめらかに、かつ実践的なアドバイスとしてまとめています。
ストレスたまるビジネスマンでもつい読んでしまうコラム、それが人気のある理由です。
これまで仕事の悩みシリーズで紹介した本は少し哲学的でしたから、
それらをうまく噛み砕いた、実践的な本を紹介しました。
どれも明日からすぐに実践できるリアルなアドバイスばかりです。

NEXT
周囲からの評判は気にせず、自分の持ち場に集中して、部下が活躍する場をつくる。
幸せな職場をつくるコツはこれだけです。

さあ、これで経験値ためてレベルアップしましょう。