「い目に 華やかに見えた宮中は むなしい場所だった。
いつも人で賑わっているけれど、宮中では皆孤独。その寂しさに疲れ果て、
宮中に生きる人間は、あんなにも嫉妬深いのかもしれない。
広い心で慈しみなさい。やり方を押し付けず下の者の意見にも耳を貸しなさい。
これが 私からお前に送る花向けの言葉だ。
引用:「チャングムの誓い」第11話無念




SUMMARY
はじめて見た韓流時代劇ドラマは「チャングムの誓い」でした。
最初は宮廷料理に興味もったのですが、人生の金言が多いことも気になってました。
また最初の引用で紹介したように、韓国の時代劇は宮廷が舞台になることが多いです。
官職の位ごとの衣装や言葉遣い、駆け引きや政治などに興味がわきました。
チャングムの監督であるイ・ビョンフンの時代劇ドラマ作品が複数あることを知り、
Amazon Primeで、同監督の作品を見てみることにしました。

INSIGHT
イ・ビョンフンの作品を見ると、どれもおもしろかったのですが、
共通のテーマがあることに気づきました。
  • 社会の基礎が儒教で身分制度が厳格
  • 賄賂と腐敗
  • 中国(明・清)、と日本(倭国)との関係性
同時に大韓航空ナッツ・リターン事件やパク・クネ元大統領の事件が起こり、
韓国時代劇ドラマの共通性を感じるようになりました。
また、同じ東アジアで中国や香港、台湾と比較すると嫌日のレベルが段違い。
歴史の教科書の韓国だと、百済とか李氏朝鮮とか、秀吉の朝鮮出兵、韓国併合など、
キーワードレベルしか学べません。
韓国現代社会のルーツは韓国時代劇に隠されているのではないかと思い、
韓国の歴史を紐解いてみることにしました。

NEXT
ぴぴは韓国時代劇ドラマの大ファンなので、
名作ごとにその歴史背景と現代社会への影響を紹介していきたいと思います。