ひと言でいうと、片付けをしたということで、「過去に片をつけた」から。
その結果、人生で何が必要で何がいらないか、何をやるべきで何をやめるべきかが、
はっきりとわかるようになるのです。
引用:「人生がときめく片づけの魔法」はじめに



SUMMARY
幸せシリーズの最後は大ベストセラーになった、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」です。
断捨離の本は数多くありますが、この本の秀逸しているところは、そのものが自分にとって本当に必要なものか、徹底的に考えさせることです。
自分の身の回りとは自分の内面の分身であり、自分と対話しながら必要なものを見極めることで、
人生に必要なものを見極められる。
実は片付け本の見た目をした人生の指南書なのです。

INSIGHT
ときめくものだけを残す、バックは毎日空にするとか、テクニックに目が行きがちですが、
それらは大切なものを見極めるための行動。
「身体でやる気を迎えに行く」という、ぴぴが好きな脳科学者の池谷裕二さんの言葉がありますが、
行動を先に起こすことで、脳に必要なものを選別させているのだと思います。

NEXT
日本のみならず、世界中でベストセラーになったことから、この考え方はユニバーサルな
ものだといえます。
千里の道も一歩からといいますが、身の回りの整理から始める幸せの発見、試してみてください。

さあ、これで経験値ためてレベルアップしましょう。